【ビジネス情報】広告の反響が悪い時、プロが最初にすること

令和2年2月21日(木曜日)国内・海外貴金属相場情報

サポート.JPG


こんにちは。

最初に、本日の宝石情報は「ホワイトデー」に関して書いてみました。

バレンタインデーにチョコレートをもらった方は、
お返しも大変ですね。

ホワイトデーの意味やもらって嬉しいもののプレゼントの本音とは


昨日もご紹介しましたが、

この「広告心理学」を知っていれば
高度なコピーライティングの知識も必要ありません。

広告やチラシ、ホームページの反響が
イマイチ悪い、、、


そんなとき、
「見出し」の1行を変えるだけで、
その反響が2倍3倍になるとしたらどうしますか?


実はそれは「よくある」ことなんです。


広告の権威の中には、

”見出しで8割決まる”

と言っている人もいるぐらい
見出しの影響は大きいもの。


ちょっとこの例を見てください。
これはあるお菓子屋さんの広告見出しの例です。


現代広告の心理技術101 P154
=====================
(悪い例)
当菓子店の最新の逸品を試食してください!



(良い例)
チョコレート好きのみなさんへ。

3キロのファッジ・デビル
ボルケーノ・パイにかぶりつこう。

もちろん無料!
======================


こんな風に、ちょっとした変更で
簡単に改善できることがよくあります。


そしてちょっとした変更で
広告の反響は驚くほどかわるのです。


この本には、もっとたくさんのサンプルと、
どうやってそういった見出しを作るかのステップが載ってます。

現代広告の心理技術101



■本日の貴金属相場情報■
2020/2/20
■国内公表インゴット売買価格■
売(税別)  前日比
金 ¥5,773  +94
Pt ¥3,647  +81
買(税込)  前日比
金 ¥6,263  +104
Pt ¥3,880  +89

2/19、NY貴金属=金、プラチナ上昇
金  1,611.80 +8.20
PT  1,004.50  +10.60
銀   18.31    +0.161
ドル/円  111.38

■海外貴金属市況コメント■
2月19日のNY貴金属市場の金は続伸。中国政府によると、湖北省を除く中国本土で新たに確認された新型コロナウイルスへの感染者数は15日連続で減少。これを受けて投資家のリスク回避姿勢が和らぎ、安全資産の金は上値が重くなる場面も見られたが、多くの企業が中国に拠点を置いており、各国のサプライチェーンなどへの打撃が波及するリスクは依然として残っていることで、安全資産とされる金は買われ、5営業日続伸となった。一方、白金も続伸。パラジウムの大幅高にも支援され、約3週間ぶりに1,000ドルの大台を回復した。


ビジネスマナーランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント