大学教育にも採用:1冊10分で読む方法とは?

令和2年1月20日(月曜日)国内・海外貴金属相場情報

考え込む女性.jpg


こんにちは。

新しい週の始まりです。
今週も宜しくお願いいたします。


「大学教育にも採用:1冊10分で読む方法」の前に、

本日の宝石情報は、
結婚記念日9年目の記念日の名前や宝石の意味やパワーストーンとは

では、本題に移りますが、

僕も最初は信じられませんでした。

きっとあなたも同じだと思います。

ですが、この方法を知って、

1年に1冊も本を読まなかった僕でさえ

毎日、気軽に本が読めるようになったのです。

なぜか?その最大の秘密は、日本の大学教育にも採用された

『先行オーガナイザー』という速読法にありました。
 

***

まずはこのテストをしてみてください…
[テスト1]

次の四文字を並び替えて、
正しい言葉を作ってください。

① わりまひ
② あんえこ
③ たくしつ
④ どんすた
⑤ こきひう



[テスト2]

並び替えて『食べ物』の
名前にしてください。

①おれつむ
②りきとや
③かおぴた
④あかげら
⑤てからす


さて。
どっちの方が速く答えを
出せたでしょうか?

きっとテスト②の方が、
簡単だったのではないでしょうか?


実は、このテストにこそ、
速読テクニックの1つが隠されています。
どういうことかと言うと、、、


速読テクニック「先行オーガナイザー」


きっとほとんどの人が
②の方が簡単だったと思うのですが、、、
①と②では、何が違ったのでしょうか?



テスト①では、何の法則もない
4文字が並んでいたのに対して、


②では、「食べ物」と先にテーマが
決まっていました。ここがポイントです。


つまり、人間の脳は、
最初にある程度「枠組み」を作ってあげると、
情報を素早く処理出来るようになる
ということです。


逆に言うと、
情報の処理が遅い時は、
この「枠組み」が頭に無いということです。


(この枠組みのことを「先行オーガナイザー」と言います)


そしてこれは、読書でも
同じことが言えます。


読書スピードが速い人は、
あらかじめ本の内容の
「枠組み」を作っています。


本で言うところの、
章のタイトルや小見出しが
「枠組み」に当たります。


一方で、読むスピードが遅い人は、
見出しやタイトルを、本文と同じように
読み流してしまいます。


これだと、
脳の中に「枠組み」を
作ることが出来ません。


本文を読みながら、
「今何の話をしているのか?」と
考えながら読んでいるので、


当然、読むスピードが
遅くなってしまいます。


見出しが出てきたら、
一度立ち止まって、


そこまでの流れを
軽く振り返る習慣をつけましょう。



たったそれだけで、
後に続く文章をサラッと
流し読みしたとしても、


しっかりと理解・記憶
出来るようになるでしょう。
ぜひ試してみてください。^^

↓↓
大学教育にも採用:1冊10分で読む方法


■本日の貴金属相場情報■
2020/1/20
■国内公表インゴット売買価格■
売(税別)  前日比
金 ¥5,540  +18
Pt ¥3,682  +54
買(税込)  前日比
金 ¥6,006  +19

Pt ¥3,919  +60
1/17、NY貴金属=金、プラチナ上昇
金 1,560.30 +9.80
PT 1,024.80  +23.60
銀 18.07   +0.134
ドル/円  110.17

■海外貴金属市況コメント■
週末1月17日のNY貴金属市場の金は反発。米労働省が発表した昨年11月の雇用動態調査の結果が1年10ヶ月ぶりの低水準に落ち込んだことを受け、米国の雇用情勢への警戒感が浮上。また、昨年12月の米鉱工業生産指数、設備稼働率も予想から下振れしたため、金はこれを手掛かりに買われ反発した。ただ、NYダウ平均が史上最高値を更新しており、投資家のリスク選好姿勢の強まりが上値を抑える格好となった。


ビジネスマナーランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント