【ビジネス】広告の反響が悪い時、プロが最初にすることとは。

H30年6月6日(水)国内・海外貴金属相場情報


画像




こんにちは。

本日の天然石のパワーストーン情報は、

運命的な出会いが期待できます、


【天然石のパワーストーン】

「運命的な出会い」カバンサイトの意味とパワーストーン効果とは。

⇒ 7月の誕生石はルビー



昨日も、ご紹介いたしましたが、

こちらのビジネス本「現代広告の心理技術101」は人気です。


少し、内容をご紹介しますと、

広告の反響が悪い時、プロが最初にすること

広告やチラシ、ホームページの反響が
イマイチ悪い、、、


そんなとき、
「見出し」の1行を変えるだけで、
その反響が2倍3倍になるとしたらどうしますか?


実はそれは「よくある」ことなんです。


広告の権威の中には、

”見出しで8割決まる”

と言っている人もいるぐらい
見出しの影響は大きいもの。


ちょっとこの例を見てください。
これはあるお菓子屋さんの広告見出しの例です。


現代広告の心理技術101 P154
=====================
(悪い例)
当菓子店の最新の逸品を試食してください!



(良い例)
チョコレート好きのみなさんへ。

3キロのファッジ・デビル
ボルケーノ・パイにかぶりつこう。

もちろん無料!
======================


こんな風に、ちょっとした変更で
簡単に改善できることがよくあります。


そしてちょっとした変更で
広告の反響は驚くほどかわるのです。


この本には、もっとたくさんのサンプルと、
どうやってそういった見出しを作るかのステップが載ってます。

「現代広告の心理技術101」



■本日の貴金属相場ご案内■

2018/6/6
■国内公表インゴット売買価格■
売(税別)  前日比
金 ¥4,628  +19
Pt ¥3,288  +7
買(税込)  前日比
金 ¥4,912  +20
Pt ¥3,422  +8

6/5、NY貴金属=金上昇、プラチナ下落。
金 1302.20 +4.90
PT 901.30 -2.20
銀 16.543 +0.112
NYドル/円 109.88

■海外貴金属市況コメント■
6月5日、NY貴金属市場の金は上昇。外為市場でのドル安、ユーロ高を受け金は上昇。朝方は軟調に推移。本日発表された5月の米ISM(供給管理協会)非製造業景況指数が58.6と市場予想を1.8ポイント上回ったことに加え、4月の米JOLTS(求人労働移動調査)求人件数が過去最高を記録するなど良好な米経済指標を受けて、金は軟調に推移した。しかしその後、イタリアのコンテ新首相が所信表明演説後に、ユーロ離脱について「一度も考えたことがない」と述べたことで、外為市場でユーロが対ドルで上昇。この流れを受け金は買い戻され小幅上昇して引けた。一方、白金は下落。新規材料のないなか、米株価下落を受けた売りに押された。


ビジネスマナーランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック