全米で長年愛されている ロングセラー本がついに 日本に上陸しました!


10月14日(水)国内・海外貴金属相場情報



画像




こんにちは。

朝から気持ちの良い秋晴れです。

昨日もご紹介いたしましたが、

全米で長年愛されている
ロングセラー本がついに
日本に上陸しました。

・自分の商品に合った
 見込み客だけが集まってくる

・他人があなた専属の広告塔に
 なってくれる

・売上アップの機会が
 絶えず生み出される

などなど、効果が実証済みの
人脈テクニックを余すところなく
紹介した一冊です。

http://directlink.jp/tracking/af/1094034/uQExosuz/




■本日の貴金属相場案内■
2015/10/14
■国内公表インゴット売買価格■
売(税別)  前日比
金 ¥4,525  +5
Pt ¥3,889  -21
買(税込)  前日比
金 ¥4,801  +5
Pt ¥4,071  -23

10/13 NY貴金属=金上昇、プラチナ下落。
金 1165.40 +0.90
PT 992.60 -3.30
銀 15.907 +0.043
NYドル/円 119.73

■海外貴金属市況コメント■
10月13日、NY貴金属市場の金は小幅高。米連邦準備制度理事会(FRB)による年内利上げ観測が後退し、外為市場でユーロが対ドルで堅調に推移したことで金は買われた。朝方は利食い売りに押され軟調に推移する場面も見られた。しかし、米セントルイス連銀のブラード総裁発言により利上げを支持する姿勢を示しながらも、10月の利上げが困難になる可能性があることを受けたほか、FRBのタルーロ理事が「現在のところ利上げは適切ではない」との見方を示したため、年内利上げ観測が遠のいたとの思惑から金は買い戻され、前日比ほぼ変わらずの小幅高で引けた。一方、白金は下落。最近の上昇を受けた利益確定の売りに押されたほか、中国貿易統計の9月輸入が引き続き低調となり、同国経済の先行き懸念が強まり、白金需要の減少懸念から軟調に推移した。ただ、金が小幅上昇したことで白金の下落も小幅となった。




人気ブログランキングへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック