9月12日(金)国内・海外貴金属相場案内

人の心をつかんで長期的に人を動かしていくには?


こんにちは。


会社経営者や上に立つ人は
どうしても貴方の態度や行動が見本になります。

そんな上に立つ人に読んでほしい新刊が
発売されました。

この本は、人を動かす影響力について
書かれた本になります。


あなたに仕事上で
こんな出来事がないでしょうか?


部下や後輩に、
もっといい仕事ができると思って
あれこれとアドバイスをしたところ、

意見に耳を貸さないどころか、
反発されて口論になってしまった
なんて経験はありませんか?

実はこうした議論というのは
建設的な話し合いの場に見えますが、
容易に対立を生んでしまう場でもあります。

というのも、人間は誰しも


「自分のやっている事は正しい。」


と考えています。


ですので、話し合いの中で
相手と見解の食い違いがあると
自分のやっていることが正しく、
したがって相手のほうが間違っている

と思ってしまうのです。

それなのに、正しい自分を
間違っていると指摘してくる相手を
本能的に「敵」だと感じてしまいます。

では、こうした議論をせずに部下や後輩を
動かして仕事の成果を出すためには
どうすればいいのでしょうか?

↓↓

続きはこちらから


■本日の貴金属相場案内■
2014/09/12
■国内公表インゴット売買価格■
売(税別)  前日比
金 ¥4,312  -18
Pt ¥4,785  -33
買(税込)  前日比
金 ¥4,571  -19
Pt ¥5,039  -35

9/11 NY貴金属=金、プラチナ下落。
金 1239.00 -6.30
PT 1370.70 -10.30
銀 18.599 -0.327
NY ドル/円 107.11

■海外貴金属市況コメント■
9月11日、NY貴金属市場の金は下落。外為市場でのドル高、ユーロ安を受け金は軟調に推移した。朝方は本日発表された米週間新規失業保険申請件数が31万5000件と市場予想より大幅増加。これを受け買われる場面も見られた。しかしその後、欧州連合(EU)が対ロシア追加制裁の発動を発表したことで、欧州の景気低迷観測を背景にドルが対ユーロで上昇すると金も売られ、一時1235.30ドルまで下落し1月23日以来、約7ヶ月半ぶりの安値を付けた。白金も下落。金の下落に連動した他、欧米の株式市場の軟調から白金需要が減少するとの思惑から売られた。




人気ブログランキングへ



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック