宝石の「鑑別」と「鑑定」の違いとは?


わたしの住まいは海岸に近い為、朝方は自然のクーラーで、
肌寒く感じるようになりました。

宝石を購入しますと、「鑑別書」「鑑定書」「保証書」が
お店によりますが、希望により商品に付けてくれます。

失礼ですが、あなたはその違いをご存知でしょうか?

一般的には、「鑑別」と「鑑定」は、ほとんど同じ意味で
使われています。
どちらも「刀剣や骨董、絵画のみききをする」とか
「真偽や良否を見定めること」と辞書には有りますが、
わたしたちの宝石業界では、これを厳密に区分しています。

宝石業界では「鑑別」を、その石が天然に産出された宝石
なのか、人工的な偽物なのかを科学的に検査判定します。

「鑑定」とは、おもにダイヤモンドですが、「鑑別」した
ダイヤモンドを国際的な評価基準で品質上の評価を与えます。
グレードにより取引価格に大きく影響致します。


宝石はわたしたちプロでも騙されやすいのです(笑い)
そんな”危険性の高い”商品ですから、安心と信頼の裏付けと
して、売り手にも買い手にも属さない第三者の立場から
専門家(鑑定士)が認定を行い、証明書を発行します。

最近、公平な立場の鑑定機関が、ダイヤモンドの品質を詐称して
宝石業界から追放され、倒産しました。
それだけ、厳格な基準で商品が守られています。ご安心下さい。

「保証書」は、その商品を販売店が保証すると言うだけの
販売店発行の証書です。
保証書が付いているから良品とは限りません。



☆店内で使用して、お客様に好評なお奨めします香りです。



☆こんな関連サイトが1分内で、すぐに出来上がります。(「楽☆増」PRO使用)
http://yoijyouhou48.com/nZnbBh3nqW/category0/list/0/


☆「楽☆増」副業にどうですか?「無料」お試しもあります。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック