店員さんが読んで欲しい本の「NO.1」に選ばれました。

ご訪問ありがとうございます。

先日このような記事をブログで紹介致しました。

すると、この書籍が本屋の店員さんが読んで欲しい
人気本の「ベスト1」に選ばれて私も嬉しいです。

先日の「笑っていいとも」に著者の百田尚樹さんが
出演していました。なかなかユニークな人ですね。


わたしの愛読しています「聖教新聞」で
このような記事を見つけ、大変興味を持ちました。

わたしも経営者ですから、何か学べると思い購入する事に
致しました。

▼ここから記事です。

明治生まれの実業家、出光佐三氏をモデルとした歴史小説
『海賊とよばれた男』(百田尚樹著、講談社)には
学ぶべき事が多かった。

約100年前、小さな商店から出発し、
一代で世界有数の企業に発展させた氏。

その経営の根幹には「人間尊重」の哲学がある。

例えば、第二次世界大戦の敗戦で全てを失い、
借金だけになった時、約千人の社員を一人も解雇せずに守った。

しかも社には出勤簿も定年制度も無かったというから驚く。

社員のみならず、消費者を大事にし、会社の創業を支えた恩人を
生涯、宣揚した。

出光氏自ら、人間として立派に生きることを志し、
利権を貪るような権威・権力とは断じて妥協しなかった。

読めば読むほど心がスカッとする。

▲ここまで。


わたしにはこんなに沢山の社員はいませんが、
社員、一人、一人に感謝してもらえる経営者になるために
勉強したいと思います。



人間味のある、心がほっこりする書籍です。

興味がありましたらこちらからご覧ください。

<上>

 


<下>

 


■DVD・ブルーレイが最大70%OFFです!!■



人気ブログランキングへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック