4月19日(金) 国内貴金属相場と海外貴金属市況

ご訪問ありがとうございます。

昨日も相場変更が2回ありました。

相場がかなり動き、下げ止まりです。

先日まで買取りが5000」円を維持していましたが
簡単に値下がりしました。

不思議なもので、今度は金の販売が忙しくなるのです。

今、金を購入して、また5000円を超えたら売ればよい。
そんな感覚でしょうか?
確かに短期で銀行利回りとは比べ物になりませんが。

暫くは、なかなか相場は回復しないとは思いますが?

わたしは、個人的にはptをお奨めします。

まあ、金の方が趣が有り、ptは高級感が有りませんが。

2013/04/19
■国内公表インゴット売買価格■
売(税別)  前日比
GOLD \4474 +89
Pt \4607 +38
買(税込)  前日比
GOLD \4593 +72
Pt \4712 +40
■海外相場(09:30)■
金1oz $1392.13
Pt1oz $1428.75
■東京為替(09:30)■
\98.29/$

4/18 NY貴金属=金上昇、プラチナ下落。
金 1392.50 +9.80
PT 1429.00 -6.40
銀 23.245 -0.062
NYドル/円 98.20

■海外貴金属市況コメント■
4月18日、NY貴金属市場の金は上昇。外為市場でのユーロ高ドル安を眺めた買いや、引き続き前週末からの急落を受けた割安感から実需買いで上昇。一時は1400ドルの節目を回復する場面も見られたが、その後はユーロ・ドルがドル高に切り返したことで上げ幅を縮小して引けた。アジアでは値頃感からの金の需要が旺盛だが世界最大の金上場投資信託(ETF)SPDRゴールド・トラストの金保有高は3年ぶりの低水準となっているため、頭の重い展開が続いている。白金は小幅下落。NY株式市場の下落に連れ安となった。1400ドル手前では鉱山コストと比べて割安と判断される傾向が強く、値頃感からの買いが下支えとなり下げ渋る展開となった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック