2月26日 国内貴金属相場と海外貴金属市況

ご訪問ありがとうございます。

昨日、自宅に022〇○から始まる電話が鳴り、わたしが出ると、

女性の声で「○○さんのお宅ですね。わたしは貴金属買取り○○ターの○○です。」

お宅に使用されないで不要の貴金属はありませんか?


<わたし> 2月21日から買取での国の施行が変わったの知っている?

<業者 > 知っていますけど(むす!!) とした感じ?

<わたし> 買取する時はその県内の公安委員会の認可が入りますけど
        あなたの局番は県外ですよね?

        こちらに営業所があり認可の登録されていますか?

<業者 > 電話プッツ~ン!!

<わたし> あやし~い。??

こんな感じで、お客さん宅に直接訪問できないので、電話帳で片っ端から掛けています。

お客さんの方から貴金属を見て欲しい、となると、クーリングオフ8日間の適用はなりません。

余談ですが、その業者に着信履歴で番号が解るので電話をするとほとんど話し中でした。

悪質業者にうっかり貴金属を出しても、こちらからはつながらないという訳です。

悪質業者には気を付けましょう。相手にしない事です。会話のプロですよ!!


2013/02/26
■国内公表インゴット売買価格■
売(税別)  前日比
GOLD \4783 -17
Pt \4882 -53
買(税込)  前日比
GOLD \4939 -17
Pt \5001 -55
■海外相場(09:30)■
金1oz $1596.23
Pt1oz $1619.50
■東京為替(09:30)■
\92.73/$

2/25 NY貴金属=金、プラチナ上昇。
金 1586.60 +13.60
PT 1620.70 +13.30
銀 28.987 +0.527
NYドル/円 91.84

■海外貴金属市況コメント■
2月25日、週明けNY貴金属市場の金は上昇。ショートカバーの買いや値頃感からの買い戻しで上昇して引けた。イタリアの総選挙は日本時間の25日23時に投票が締め切られ、欧州連合(EU)との財政赤字の約束を守ると表明している民主党のベルサニ党首を中心とした中道左派の優勢が報じられた。これを受けて、外為市場でユーロ高ドル安が進行した。しかし、イタリアのテレビ各局が初期の開票結果として、上院では緊縮財政に反対の姿勢を示しているベルルスコーニ前首相率いる中道右派が優勢と伝えられたことで、ドルが反発したため、金相場は上げ幅を削る展開となった。一方、白金も上昇。金の上昇に連動する形で大幅上昇したが、終盤にかけNY株式市場の大幅下落に伴い上げ幅を縮小して引けた。NY外為市場で円が対ドルで上昇。一時90円92銭と3円以上も上昇した。


 








おもしろ日記 ブログランキングへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック