女性の罪悪感を操るメールテクニックとは?

いつもご訪問有難うございます。

今日は何としても気になる相手を彼女にしたい
そんな思いのあなたに届けます。

年賀状はコミニュケーションを取る手段として
皆さんも多くのお友達、仕事関係、趣味友達に
差し出していると思います。

また、届いた賀状ですが、宛名書きも、裏も印刷物。

正直こんな賀状は今度から要りませんよね。

せめて、近況をしたためる一筆を書く位の配慮が大事です。

あと、こちらから賀状やメールを送っても連絡なし、との
人はいませんか。

社交辞令で出してる人であればどうでも良いことなんですが

気になる人から返事が来ない。

賀状だけではなく、メールでもありませんか?

特にメールで返信されても嬉しくない仕方なくの文面。


あなたにはこんな経験がありませんか?


素っ気無いメールを送る女性に共通していること。

よく「好きな女性が、メールが嫌いだというんですがどうしましょう?」

というご相談をいただきます。


はっきり申し上げておきましょう。


女性は男性が好きになれば

メールも電話もデートも愛し合う事も大歓迎なのです。


ということは、あなたに対し女性がもし


「メールが苦手」というのなら

それは「まだ恋愛感情を抱いていない証拠」なのです。


ですから、まず彼女たちの感情をちょっとグレーな方法で揺さぶり

メールの返信をさせるところから始めなければなりません。


メールが苦手というだけで、メールしないで放置しておくと

いつまでもお互いの距離が縮まらないので


まずは、女性にメールを強制的にさせてしまう

ある手段を講じる必要があります。


どんな方法か?


このページを拝見していただければ

スクロールせずとも、その内容はご理解いただけるはずです。

あなたの参考になれば嬉しいです。下記をクリックしてご覧ください。

女性の罪悪感を操り、女性をあなたに依存させるメールテクニック。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック